認定制度

認定制度

認定制度は、シンギング・リンの技能の向上と経済的社会的地位の向上に資することを目的に、有償でサービスを提供するにあたって一定の基準に適合した知識及び技能を有しているものとシンギング・リン協会が認定する制度です。

公認セラピスト/公認プレイヤー

アドバンス/上級セミナーを修了したセラピスト又はプレイヤーが、協会が提供する認定試験に自らの意志で受験し合格すると、協会が認定したセラピスト又はプレイヤーは、「公認セラピスト」「公認プレイヤー」として活動できるようになります。(それらを総称して「認定者」と呼びます。)

認定者は、クオリティの高いサービスを提供し続けるために協会から様々なサポートを得られるだけでなく、国内外で最高水準の音色を届ける協会の普及活動に参画することが可能です。

認定者の得られる特典

★認定証
★保険の加入
★社会貢献活動や普及活動の参画
★協会主催イベントでの演奏
★協会ホームページ等での紹介やイベント等のPR
★代表理事の講演等の主催
★公認限定の勉強会の参加
   例)ビジネスセミナー(イベント企画、集客など)

>> 認定までの流れについて

公認インストラクター

<2017年より認定開始予定>

認定者は、シンギング・リンに興味を持ち、知識と技能を高めるための学び場である各種セミナー講師として活動するインストラクターを目指すことができます。協会が提供するインストラクター養成講座を修了し、一定基準の講義を提供できる認定者を「公認インストラクター」として協会が認定する制度です。

公認サロン(仮称)

<2017年より認定開始予定>

公認セラピストが経営するサロン等で、協会が指定する一定水準のサービスと設備が揃った施設に対する認定制度です。協会が認定したサロン等を「公認サロン(仮称)」といいます。協会ホームページやメルマガにて、サロンのご紹介をはじめ体験会やワークショップ等のご案内を掲載できる他、サロン経営に関する勉強会や交流会に参加することができます。


PAGE TOP