シンギング・リンを知る

特色

特色1 ★ 幅広い周波数を含む倍音豊かな音色

シンギング・リンの音は人間の可聴領域をはるかに越えており、人間の作った機械では測りきれません。虫の音やせせらぎなどの自然音のように、幅広い音域のあらゆる周波数を含むため、人体はもちろん様々な物質や空間に癒しをもたらすことが可能であると考えられています。

 

特色2 ★ 一度鳴らすと響き続ける音の持続力

独特な形状、特殊合金という材質、漆を焼き付けた塗装など、できる限り「響きを邪魔しない」特殊設計に基づいて作られているため、一度鳴らすと繊細で美しい音色が4〜5分響き続けます。

 

特色3 ★ 360度の緻密な調音による共振共鳴

「宇宙」と「大地」の2種類のシンギング・リンは、それぞれ同じ周波数に合わせて(調音されて)
製造されています。そのため、同じ種類のシンギング・リンであれば、一つを鳴らすと隣のリンが手を触れずとも鳴り始めます。この共振共鳴現象を「ハーモニックサウンドレゾナンス現象」と呼んでいます。

 

特色4 ★ 技が光る美しいフォルムと品質保証

シンギング・リンは世界に誇る日本の伝統工芸の職人によって、1つ1つ完全なる手作業で作られています。秘伝的に伝わる素材の特殊配合による合金、繊細な音をつくる研磨、天然漆の金属焼き付け塗装など、すべての製造工程で熟練された高度な技術が活かされています。このため、開発から12年経った今も1つとして破損・修理の実績がありません。(2016年3月時点)

 

>> 基本的な楽しみ方について


PAGE TOP